いつも新しい発見のある街 渋谷公園通り

HOME  TOPICS

今月の特集

今月の特集vol.14

インタビュー 東京サンレーヴス
公式サイト http://tokyo-cinqreves.jp/
Facebook https://www.facebook.com/tokyocinqreves
Twitter https://twitter.com/bj_tokyo

―渋谷でどんな活動していらっしゃるのでしょうか。

東京サンレーヴスは、東京都をホームタウンとするプロバスケットボールチームで、bjリーグに参戦しています。
創設2年目の若いチームですが、今シーズンはここ渋谷にある代々木第二体育館でホームゲームを予定していて、宣伝、告知活動のため渋谷地域の方々に協力をお願いしたり、イベントに参加させて頂いたりしています。
代々木第二体育館はバスケットボールを競技として行う会場の中では聖地とも言われており、そのような大舞台でのホームゲーム開催に渋谷地域の皆様にも是非参加して頂きたいと思い活動しています。
12月27日には渋谷にて選手も参加してチラシ配りを行う予定ですので見かけたらお声掛けください!

2014年1月16日、17日に予定している、国立代々木競技場第二体育館にて予定されているゲームはどのような内容なのですか。

―――――――――――――――――――――――――――――
【会場】国立代々木競技場第二体育館
【対戦】東京サンレーヴスvs浜松・東三河フェニックス
【日時】2014年1月16日(木) OPEN 17:00 TIP OFF 19:00
2014年1月17日(金) OPEN 16:40 TIP OFF 19:00
―――――――――――――――――――――――――――――
現在(12/25)、東京サンレーヴスはイースタン・カンファレンス9位ですが、強豪・浜松はウェスタン・カンファレンスで4位のチームになります。
去年の対戦成績は1勝1敗と五分の力を見せたこともあり、16日17日の試合も熱い試合展開が期待できます。
今シーズンの対戦はホームゲームですし、東京ブースターの方々の声援もあれば2連勝だって不可能ではないと思います。

―ここが目玉というものがあれば、教えてもらえますでしょうか。

様々なスポーツがある中でバスケットボールは展開が早くスピーディーなゲームになることが多いスポーツです。
特に接戦で迎えるラスト1分は会場全体が一つになり、熱気と声援ですごいことに。
この感覚は1秒で状況が逆転するバスケットボールだけの魅力だと思います。
是非多くの方々に会場へ足を運んでもらい、この感覚を体感して頂きたいなと思っています。
また、試合会場では、ゲームの他にもbjリーグの魅力の1つであるエンターテイメントの要素をたくさん盛り込んでいます。
例えば、チアダンサーによるパフォーマンス、ハーフタイムショー、小学生や中学生によるエキシビジョンゲーム、観客の皆さまが参加できるゲームなど様々な試みをしています。
ご来場して下さる方々がご友人、ご家族など誰と来ても楽しめる空間創りを心がけているので、老若男女問わず多くの方に東京サンレーヴスのゲームを観に来て頂きたいです。

―渋谷の思い出をお聞かせください。

今年の夏に「渋谷 MESSAGE FESTIVAL 2013」に参加させて頂いたことが記憶に新しいです。
「ありがとう」をテーマに行われたこのイベントではSHIBUYA109スクエアでのトークショーに#10 井上選手、マルイシティ渋谷の特設ステージには#0 佐藤選手、#37 井手選手も加わりボールパフォーマンスやトークショーをさせて頂きました。
印象深かったのは、観客のみなさんの温かさ。
当日はダンスイベントということもあり、選手が慣れないダンスを皆様に見せた時にも、笑って拍手で迎え入れて下さったりとアットホームな雰囲気ができていたので助けられました。
渋谷を象徴するような2つの建物の前ということもあって多くの方々に東京サンレーヴスを知って頂く機会にもなったと思いますし、人の温かさに触れた渋谷での思い出でした。

―最後に、公園通りのホームページをご覧の方にひとことよろしくお願いします。

東京サンレーヴスというチームはまだまだ新しいチームですが、日本ではプロバスケットボールリーグ自体も発展途上です。
しかし、昨今様々なプロスポーツがある中、バスケットボールにしかない魅力はあります。
目まぐるしい攻防戦や、迫力あるダンクシュート、華麗なハーフタイムショーとエンターテイメントに溢れているのは間違いないです!
是非、東京サンレーヴスのゲームを肌で感じに会場までお越し下さい。
選手、スタッフ共々お待ちしております。