Shibuya Koen-Dori History | 渋谷公園通り

明治/大正/昭和初期/戦後 ~1950年
  文教地区渋谷の誕生
1930 '34(昭和9年) 棟横百貨店と忠犬ハチ公
1940 '45(昭和20年) 代々木からアメリカ文化の風が吹く
復興・オリンピック 1960年
’57(昭和32年) 昭和26年 渋谷駅舎 1961年頃の渋谷の街
1960年 ’63(昭和38年) ワシントンハイツ住民との国際交流、当時の公園通り
’64(昭和39年) オリンピックを景気に渋谷から始まる国際化
’65(昭和40年) 渋谷区総合庁舎
’67(昭和42年)、’70(昭和45年) 百貨店が渋谷の流れを公園通りに
成長 1970年
1970 ’71(昭46年) ファッションの発信地『公園通り』誕生
’73(昭和48年)、’76(昭和51年) 渋カジは若者のファッションをリード
’78(昭和54年) 消防署前はファイヤー通りの愛称でメジャーに
バブルの時代 1980年
1980 ’81(昭和56年)、’83(昭和58年) 公園通りフェスティバル
’84(昭和59年)、’85(昭和60年) 丸井本館、西武SEED、電力館などがオープン
’87(昭和62年)、’89(平成1年) Bunkamuraオープンで大人の回遊路に
平成の時代 1990年
1990 ’90(平成3年)、’91(平成4年) 公共地下駐車場、クリスマスイルミネーション
’95(平成7年) タワーレコード、公園通りの夏祭り
’96(平成8年)、’99(平成11年) Sister Street Affiliation
現在の渋谷 2000年
2000 ’00(平成12年)、’04(平成16年)、’05(平成17年) 渋谷マークシティ、シダックスビレッジ、アップルストア
’06(平成18年) 公園通りフラワーフェスティバル、花リサイクルキャンペーン
’10(平成22年) 上海万博と同時中継の傘イベント